Sakuyuka.com

カナダ→メキシコ→日本→カナダへ来ちゃいました!アラサーから海外へ。新婚生活送りながら、移民ビザ取得に向けて頑張ってます♪

スポンサーサイト

Posted by Yuka on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童夢

Posted by Yuka on   2 comments   0 trackback

NYの友達がいうには、おととい「43℃」に達したそうで、とても暑くて仕事にならんと。
日本もムシムシして暑すぎる、節電とか色々言われてるからメキシコ出張で良かった~と出張者たちも。


メキシコ、雨季なので涼しいです。やっぱり夏だから昼間はちょっと暑いけど、でも涼しい。
昨日の夜は、パーティの帰り道で、「15℃」という電光掲示板発見。
昼間、そーんなに暑く感じないのに「39℃」とか言ってる掲示板だから、ほどほどにしんようしてるんですがね。

夜は寒いです。




成田童夢 引退


いいと思うんですけどね。やたら批判が多いようで。
25歳でプロデュースできちゃうなんて、Vanオリンピックって凄かったんだ~とは思いますけど、親御さんがつけた名前の通りにスクスク育ったんじゃないかな。


「新しいことを始める」ときって、いつも批判の嵐ですよね。
アレって何でなんですかね。




自分もやりたいと思ってるから?
やりたくてもできないから?





彼の場合、そんな風貌でVan上陸ってちょっと日本人として恥ずかしいなぁとは思ったけど、
新しいこと始めることはどんな風貌の人でもいいことですよね。


そして、成功したひと握りの人がすごいと言われ、そのほかは変人扱いなんだろうとは思うんですけどね。
ただの枠の中で生きることって楽ですよね。
何言ってるんだよ。それだって大変なんだよ。という声もあると思いますが、新しいことを始める人と、それにただ乗っかる人では使うパワーが違うと思う。

平凡に生きてる人なんかより、誰かのコピーだなんて言われながらも挑戦するってことはとてもステキだと思います。

若いんだし




スポンサーサイト

人生はタイミング

Posted by Yuka on   0 comments   0 trackback

プロ論。

興味深いです。これ。




こういうの読んでていつも思うんですけど、人生ってタイミングですよね。


私がメキシコに来る直前に、当時勤めてた会社の上司が、

「サクちゃんさ、誰か友達いない?やっぱちゃんとした子の友達は、ちゃんとした子かなと思って。」


そして紹介した当時仕事で悩んでいた、仲良しのマロンちゃん。


システムのお仕事なのに、面接で「パソコンの何が好き?」と聞かれて「角が好き。」と答えたマロンちゃん。


今は笑い話だけど、それでその上司と意気投合。



その場で私は焦ったものの、紹介した私の方が取り残され、1ヶ月くらいマロンちゃんと一緒に働いて私はメキシコに来てしまいました。


そして現在は社内結婚して子供も生まれ、また仕事に復帰してるらしく。


私がもしメキシコに来る決断をしてなければ、マロンちゃんはその会社に入らなかったわけだし、
マロンちゃんが仕事で悩んでなかったら、私も紹介はしなかったと思うし、
上司も部下に悩んでなかったら、やっぱり紹介は出来なかったと思うし。
そして、その旦那様とも会わなかっただろう。



人生はタイミングと少しの運。


このプロ論。みたいなのを読んでると本当にそう思います。

出会いって大事だし、その出会いで何かが起きる。

ジミーちゃんのコメントなんて、テレビで彼を見てたがゆえに背景が思い浮かべられる。



紹介で友達の就職が決まり、8月に日本からメキシコに来ることになりました。
これもちょうどタイミングが良かった。
今月退職予定で、就職活動をしていたとのこと。


タイミングの波っていいときは気づかなくても乗れてしまうものなんだなぁと、とても実感してる今日この頃。




キスしたくなる唇コンテスト

Posted by Yuka on   0 comments   0 trackback

おもしろい、これ。

その名もキスしたくなる唇コンテスト


あんなにアヒル、アヒルって言ってたのに、もう終わってたのかー。


昔、口角が上がってる人は幸運を引き入れると聞いた事がある。

ずっとスマイル0円で働いていて、「いつでも笑顔を作れる講義のトレーナー」をしてたので、もちろんいつも私は口角が上がってた。


それなのに、もう辞めて10年が経つ。


口角も10年前ほど、上がってない。


眼も「猫眼すぎて(眼が釣りあがりすぎてて)、怖いんだけど。」とすら言われたこともあるけど、

どうやら引力には勝てないようで。


自慢の猫眼も口角も下がり気味だなぁと気づきだしたのは3年前。



それからというもの、地道な努力で、"いつでも笑顔を作れる講義のトレーナー"の名に恥じないよう(笑)、口角を上げる練習をしてた。


こっそりと。




1.トイレの中。
  でも、いくら長くても3分くらいで出てきてしまうので、あまり意味は無いかな。
2.家でパソコンをしてるとき。
  これは結構長くいける。一緒に住んでたEちゃんに見つからなくて良かった~。
  もし見つかってたら、怖がられてたかも。ww
3.シャワータイム。
  たまに口が開いてしまうので、シャンプーを流してる時に泡が口の中に入りそうになることも。


いつでも笑顔を作れる講義では、いろんな支店のトレーナー(みんな女子)が集まって、笑顔を作る練習をするんです。
でも自然な笑顔が出来るように頬の筋肉を鍛えるんですよね。

だから、みんなで椅子を円に並べて、笑顔5分!みたいな。



ハッキリ言って、怖いです。


何も面白くも無いのに、みんなスゴイ笑顔。

だいたい2分くらいでほおがヒクヒクしてきます。



そして、次の日は顔面筋肉痛


でもそれが、普段もいい笑顔を作れる、口角の上がった顔を形成するんです。

なのでお店を辞めてからというもの、引力に負ける一方。



3年前より、見えない努力を続けてます。
40歳超えてもきれいな人ってやっぱ何か努力してますよね。

注射打ってても、やっぱり何か努力してない人のお肉は引力に負けると思う。


同じ太ってる人でも、肉がだらしない人と、肉がちゃんとコントロールされてるなって人と、ひと目みればすぐわかる。
そこに性格も表れてるんですよね。


それはメキシコ人も同じでして。
締まったデブは、やっぱりちゃんとしてる人が多いです。


肉付きでわかります。ww



私もばれないように、口角上げる練習続けます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。