FC2ブログ

Sakuyuka.com

カナダ→メキシコ→日本→カナダへ来ちゃいました!アラサーから海外へ。新婚生活送りながら、移民ビザ取得に向けて頑張ってます♪

スポンサーサイト

Posted by Yuka on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婚姻届却下

Posted by Yuka on   4 comments   0 trackback

ありえないでしょ。


なんなのよ。婚姻届却下って・・・。


さすがメヒコ。お役所、Registro Civilの方が、
「僕はココで30年働いてるけど、こんな婚姻届は受け取ったことがない」と。


いや、アナタが受け取ったこと無くても、規定があるはず、いや無かったら仕事できないでしょ・・・w



日本で婚姻届を出してるので、メキシコでは事後報告届けになるんですけどね。

日本の戸籍謄本にアポスティーユして・・・
その戸籍謄本を公認翻訳士の方に訳してもらって・・・証印してもらって・・・


で、持っていったんですわ。


そしたら、アポスティーユも翻訳しろと。


戸籍謄本を翻訳してくれた公認翻訳士は日本語-スペイン語の公認翻訳だから、英語-スペイン語は出来なくて
また他に頼みに行かないといけないらしい。


ってか、英語くらい解れよーーーーーー!!



でも、メヒコで闘っても無駄なことくらい知ってるので、英語-スペ語の公認翻訳を訪ねることに。
すると、そこでは戸籍謄本とアポスティーユの翻訳は同じ人が翻訳しないといけないとさ。


おいおい、戸籍謄本は日本語で、アポスティーユは英語なんですけど。
いや、ほんとたいしたことない英語ですけどねぇ。


なので、お役所に確認をした方がいいとさ。




その上、アポスティーユと戸籍謄本にまたがって押されてるハンコは

日本語で「日本国」
英語で 「Ministry of foreign affairs JAPAN」

と書かれてる。

そのスタンプについても言われ。


ってか、日本語-スペ語の公認翻訳士は日本語のみの資格を持った人で英語もOKというわけではないから、
証印するのはひとつの言語しか無理だと思うんだけど。



やばいな~、このいちゃもんつけに引っかかると先は長い・・・
だからメキシコの書類はシカトしたかったんだよなぁ。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。