FC2ブログ

Sakuyuka.com

カナダ→メキシコ→日本→カナダへ来ちゃいました!アラサーから海外へ。新婚生活送りながら、移民ビザ取得に向けて頑張ってます♪

スポンサーサイト

Posted by Yuka on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思わぬところに文化のすれ違い

Posted by Yuka on   3 comments   0 trackback

明日は死者の日といいまして、メキシコでは亡くなった人を祀るお盆みたいな日です。
最近はハロウィンと混乱してるところもチラホラあるようですが。


うちの会社ではAltar(祭壇)をそれぞれの部署で作ってコンクールをしましょうということになりました。
そう、メヒコは何でも楽しいイベントに変えてしまう、いや、いい意味で楽しく盛り上げて、亡くなった人と一緒にみんなで盛り上がろうという日なんだそうです。


そして祭壇には以前、うちの会社で働いていたけど亡くなってしまって、みんな忘れないように、そして一緒に盛り上がれるようにと写真を置いて祀ってました。


2011-11-01.jpg


しかし亡くなった人を祀ってるのに、どのAltarがいいのか決めるコンテスト?とか日本人には到底理解が出来ないようなこともあり、メキシコ人の奥さんを持ち、メキシコ人に対してかなり理解のあるうちの社長もこれはさすがに理解できないようで、「コンテストで選べって言われても亡くなった人にどう順位をつけろって言うんだろうなぁ。」と困った様子。
また他の日本人は「ホントにこの写真の人たちは亡くなった人なわけ?いや~理解ができないなぁ・・・これって半分遊びも含んでるんでしょ?でも亡くなった人っていうのは厳かなものだよねぇ。。。」と。

なので「メヒコでは考え方の根底に生きている時は色々な試練があって大変だけど死んだらすばらしい世界が待っている。って思ってるからじゃないですかねぇ?」

と言うと、「彼らは十分、生きてるときも楽しそうに見えるんだけどなぁ。」って。笑


確かにそうなんですよね。

メキシコ人はみんなちゃんと亡くなった人たちを祀ろうと、一緒に死者の日にお祝いをしようと遊び半分ではなく真剣にAltarを作ってるんですよね。


私も日本人なので100%はわかりませんが、涙を流して亡くなった人を思い出すのではなく、メキシコ人らしい、亡くなってもテキーラ買って来て一緒に楽しむんだっていうその発想、いいかもしれないですね。


賛否両論とは思いますが。ww

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yuka120410.blog130.fc2.com/tb.php/83-7bcc0cee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。